逆転サヨナラホームラン!

今年も仏像彫刻展を9/14〜16、奈良で開催することができました!
当たり前ではなくaction!のおかげで開催出来たことを深く感謝します!

魂を込めて今年の6月28日に完成させた持国天を原作が安置されている100メートル以内ほどの至近距離で展示し来場者に見ていただくことができました。

展覧会が始まる前、お決まりの誹謗中傷や引っ張り行為に困らされました。
私の物語のいつものパターンです。

しかし気持ちを切り替えて展覧会はお客さんと楽しく関わりながら仏像を見せてあげることができました。
しかしながら仏像を買ったり、注文するような来場者にはなかなか恵まれず最終日になりました。

最終日の朝は私は弱気になってしまいました。
一緒にやってくれた妻のHittoにグダグダと弱気を吐き出してしまいました。
私は妻に「ここは銀座とかみたいに買うお客さんは来ないからしょうがないとか、沢山のお客様と楽しく関わり喜んで帰ってもらったから売れなくて終わってもいいじゃないか、俺みたいな無名な人が作った仏像は滅多にまず売れないよ」とか言いました。」

すると私のいつもの物語のパターンが発動しました。Hittoにお叱りの言葉や厳しくも正しく役立つ意見をもらいました。
5年前、金沢で同業者に誘われてグループ展に出した時も私は「あんな5流みたいな奴らとなんでやらなあかんねん!」とわめいているとHittoは最初は黙って聞いていましたが私があまりにもしつこいので「(5流みたいな奴らとなんでやらなあかんねん?に対して)あんたが5流以下やからや!」と真実を一喝してくれました。

今回も私はそのような感じで目が覚め、最後の一瞬まで諦めず全力を出しきり、果敢に食らいつこう!と決意できました。

私達は展覧会最終日もその前と同じように自分達の力を出しきりました。
仏像は結局売れませんでしたが、お客さん皆さんに楽しんでいただき本当に晴れやかな気持ちで展覧会の最後を迎えようとしていました。

Hittoは毎日、展覧会会場近くで着物の着付けをしていました。彼女は最終日もいつものようにお客さんが帰られるタイミングで着物を脱ぐために近所の着付け屋に行こうとしました。
しかし何か感ずるものがあり、あるお客さんにほんのすこし話しかけました。すると終了時間約10分前にドラマが起きました!仏像が売れたんです!本当に夢のように、嘘のようでした!!展覧会前に目標としていた100万円をはるかに上回る約200万円超の純利益を最後の最後で決めることができました!!
短期間の展覧会でこんなに稼ぐ無名の美術系作家は世にいません。異常です。
みんな普通は必死になって1つ何千円のお茶碗やら器やらを1個ずつ売って展示会場の費用を稼ぎ、それでも赤字になるのが大抵の無名作家ですから。
本当に嬉しくてたまりませんでした!
明後日の納品まで気を抜けませんが嬉しいです!

Hittoとは最後の最後に逆転サヨナラホームラン決めてもうたなぁ!と喜び合ってます!
嫌な誹謗中傷から始まった今回のドラマ、こんな最高の結末が来るとは予想できませんでした!
誹謗中傷はどこまでもくるなら最高峰の舞台で誹謗中傷されるようになれたら超ハッピーです!

actionで夫婦で学ばせていただいたからこその力を出すことができました。
Tamikoの提供くださるaction教育に感謝と敬意を表します!
凄まじいトレーニング、教育の力を身をもって再確認しました!
私の周りにactionを教えてあげたい人が今増えています!教えてあげます!

A