大きな大きな愛

cruiseへ乗船する前から絶えず訓練を提供いただき、大変有難う御座いました。
愛のcoutureを目の当たりにして、感動しっぱなしでした。

一緒に学びあった仲間にも感謝いたします。とても温かな雰囲気の中でMidoriは劇的に変わりました。

Midoriは「自分は悪くない!仲良くなんかできるわけがない!」と言っていたのに、Tamikoの愛のcoutureで、娘夫婦に歩み寄る態度に変化しました。魔法がかかったようでした。

昨夜、帰りの電車の中で、悔しいと言ってまた泣き始めましたが、「あーごめんね。おばちゃん涙が多くて」と言って自分から泣くのをやめました。Midoriが私の声がけに気が付き、自分から気持ちの切り替えをしました。<“悔しい” 意味は Cruiseメイトは知っている>

帰宅後、福島の娘に電話したMidoriは、とても落ち着いていて、娘を尊重する態度でした。「みか(娘)のことはママが一番よくわかっているから」と体調を気遣って温かい言葉をかけ、側で聞いていて感動して涙が出ました。娘 (私の従姉妹) は、電話口で、ポカーンとした感じでした。

Midoriはやる気がみなぎっていて、cruiseの翌日月曜日はもう一泊ホテルで泊まって、東京で仕事をしてから福島に帰ることになりました。

Midoriは「みんながそれぞれに発展していっていいねぇ。来年も行きたいから、また誘ってね!」と言いました。
   <Midoriは1日目も2日目もTamikoの所にきて「来年もよろしくお願いします」と話ていましたよ>

従姉妹は、私に何回も感謝しています。
私は、これからの発展がとても楽しみでたまりません。

夫は、先程私に文句を言ってきましたが、冷静に話し合うことができ、なんなく波を越えました。魔法のようでした!
その後、夫に「Tamikoがともくんのことを寛容な人ですね、感謝ですね、って。それとTsumugiのことを心配してくれはった。」と言うと、「ほんまやで〜」と嬉しそうでした。Tamiko、夫に対してのcoutureを大変有難う御座いました。

この度、学ばせていただいたことはめちゃくちゃ大きかったです。このようなことを学ばせていただけることは、普通、まずないです。物凄い学びで、学びっぱなしです。私はこういうことに挑戦したかったのです。

Tamikoからの大きな大きな愛を、次の人に届けます。

Y